カウンセリング

インポの自覚症状を認識したらすぐに問診に行ってインポの自分の現状を素直にお医者さんに伝えることが最初にやることになります。

 

インポの原因となっているのが心因性要因からきている場合には、専門医によるカウンセリングが非常に効果的でしょう。

 

患者が自分自身の病気の問題をしっかりと捉え、一人で問題解決ができるようにフォローするのがカウンセリングになります。

 

医師が患者に指図をして治療する方法ではなく、医師が傍で支えながら患者自身が自ら症状回復へ向けて行う治療です。

 

要するにカウンセリングというのは、話を聞いてアドバイスをするといった単純なものではないのです。

 

インポ治療は器質性要因でなく心因性要因の場合、カウンセリングを中心とした心理療法が有効であるとされています。

 

患者からすれば、医師の心理療法が施されても、話を聞くだけなので医者は治療を始めてくれないと思う人もいるかもしれません。

 

治療すなわち投薬であるとの誤認が多いからです。

 

心理療法ではこうした医者と患者の見識の違いが問題ですが、心因性のインポ対策には、カウンセリング治療が効果的であることが数多く実証されています。

インポ治療ランキング