インポの心因性要因

インポになる器質性要因というのは、心因性の要因とは違い、身体的理由からインポになる要因のことで、外的要因によって勃起しなくなることが多いと言われています。

 

器質性要因は心因性要因に比べて、朝立ちやオナニーによる勃起も困難となり、身体的に勃起することができなくなるケースです。

 

具体的な例としては、高血圧や老化、糖尿病や前立腺手術、そして男性ホルモンの低下などがあります。

 

高血圧や糖尿病は、生活習慣病と呼ばれるもので、血液循環に関与する生活習慣病にかかると、動脈硬化が進行し、インポになりやすいと言われています。

 

器質性要因の中で一番わかりやすいのが老化で、加齢によって、血管や神経に障害が起こることから、インポの原因になるとされています。

 

しかし、年を経ると必ずしもインポになって性欲が減退するかというとそうでもなく、70代でも元気に勃起してSEXをする人もいます。

 

老化はインポの原因の一つであり、インポの症状を引き起こしやすくなりますが、生活習慣に十分注意することで、インポにならないようにすることは可能です。

インポ治療ランキング